基本理念

私たちは、医療の公共性を重んじ、医療・看護・介護を通して地域の方々の疾病の管理のみならず、健康の維持および増進を図ることで社会に貢献し、社会発展に尽くします。

 

理事長あいさつ

高齢化と地域医療機関の果たすべき役割

私たちは、医療の公共性を重んじ、医療・看護・介護を通して地域の方々の疾病の管理のみならず、健康の維持および増進を図ることで社会に貢献し、社会発展に尽くします。

 当院は、黒髪山のふもとで初代毛利龍渓氏が医療に取り組んでから現在に至るまで、町医者として代々継承してきました。

 三間坂に毛利医院を開院した昭和32年、医療法人竜門堂を設立。その後、昭和55年にはのどかな田園風景の中、老人病院としての大野病院を開設しました。

 女性の社会進出著しい時代背景の中、老人医療・介護を請け負う病院として、開院当初よりいち早く介護士のいる老人病院をスタートさせ、その後も時代のニーズに応えるべく歩んで参りました。

 現在、当院のような療養型病床群は制度改革の真っ直中にあって、入院中心の医療から在宅中心の医療・介護へと重心を移す準備期間にあります。当院もこれにもれず、数年後の当医療法人の理想の形を描き邁進しているところです。

 一方、外来部門は毛利医院・竜門堂医院を軸にして、地域の方々のかかりつけ医として内科・小児科・整形外科診療に携わり、また、同時に介護が必要になった方への予防および介護サービスも充実させ、患者さまあるいはご家族の選択肢をできるだけ拡げられるよう整備につとめております。

 

理事長 下村 恭子